トンペンエッグ編集長
KP
トンペンエッグ編集長KPと申します!自身、熱烈なトンペンです( *ノノ)♡ 当サイトは東方神起を中心に、様々な最新話題を随時更新してます! ブックマークなどしていただけますと嬉しさで天にも上ります+゚+。キュ━(*´U`*)━ン。+.。゚ 内容について何かございましたら、お気軽にお声がけくださいませ。
\ Follow me /
東方神起

東方神起『625集会』はこう解釈すべき!?『嫌がらせ』の黒幕は…

今回は「東方神起『625集会』はこう解釈すべき!?『嫌がらせ』の黒幕は…」です。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

東方神起625集会は、今の2人と3人に分裂した東方神起を語る上で必ず通る道。

しかし、公に取り上げられる事がなかっただけに、いまだに何なのかよくわからないものでもあると思います。

今回はそんな東方神起625集会について、その大事になってくる「解釈の仕方」も含め、わかりやすくご紹介していこうと思います。

東方神起625集会とはこんなもの

目的:後にも触れますが「解釈の仕方」が問題であるものの、
多くの場合、チョンジェス(よく出てきますがユチョン・ジェジュン・ジュンスの事。親御様側の呼称)が有利に動くために、つまり実質ホミンこき下ろしのために、状況を都合良く説明するために用意された場、だと解釈される事が多いです。

日時:2009年6月25日19:00(それで625という事です。)
場所:江南のバプテスト教会

集まった人:
〇チョンジェスのご家族(具体的にはジュンスの父、ユチョンの母、ジェジュンの姉の3名)
〇チョンジェスの個人ファンサイトのオーナーたち

会をセッティングした人:チョンジェス



内容(ポイント):
こちらも解釈によりますが、多くの場合、以下のようにまとめられます。
〇5人で一緒に活動する約束をホミンが破った
〇SMエンターテインメント(もともとの所属事務所)から好条件を与えられた事でホミンが寝返った
〇SMエンターテインメントは完全悪。つまりは残るホミンも・・
Etc.
ファンサイトのオーナーたちは、大々的には公開できないため、個人活動でブログなどを通して細々と、チョンジェス側をサポートしていこうという考えに。

そしてやがて、この東方神起625集会は、無かった事となっていきます。

一体、そこで本当は何が起こったのでしょうか。

全ては、「解釈の仕方」が争点になってきます。

全文訳は以下のサイトでご紹介されてます。
http://blog.livedoor.jp/tvxq_shinjitsu/archives/1947379.html

問題は解釈の仕方

東方神起625集会がいつまでも議論になるのは、その解釈の仕方が様々あるからだと思います。

KPとしては、5人神起時代の絆まで即座に否定するのは早計だと考えてます。
一般的な論調としても、実際の625集会の内容からしても、どうしてもチョンジェスに不信感が起こるのはしかたがありません。

しかし、はっきりとチョンジェス側がホミンを否定していると言える部分が無いと考えられているのも事実です。

もっとも、そもそもこの騒動はチョンジェス側とSMエンターテインメントの問題ですから、ホミンはとばっちりではありますが直接的には関係ないのですが。

さて、この625集会の解釈の仕方なのですが、まずはこのデータをご覧ください。

625集会が開かれたのが6月25日。これは、訴訟を起こすちょうど一月前くらいになります。
そしてちょうどこの後、7月4日と5日が、DVDになった「4th LIVE TOUR 2009 〜The Secret Code〜 FINAL in TOKYO DOME」からもわかるように、東京ドームの最終公演日となってます。
やがて、7月末になると訴訟・・。

タイミングからして、何となくチョンジェスにとっても「ラストチャンス」だった感が見受けられます。

結果的にこの625集会が多大なる「ホミンバッシング」を生み出した元凶なのかもしれませんが、あくまでチョンジェスは最後の最後までホミンを引き入れようと誘っていました。

つまり、それでも誘いに乗らなかったホミンは「悪」と解釈されてしまったかもしれませんが、逆にチョンジェス側からしたら、ずっと求め続けてはいた、



さらに言えば、実際に分裂後もチョンジェスからのホミン批判など一度もなく、むしろ名残惜しそうな場面が続いているってだけですよね。

そこに、「愛」が消えていたとは断言できないんです。

だからって・・、これもよく言われますが、ホミンバッシングが起こっている最中見て見ぬふりみたいになっていた事の説明も付きにくいです。

もっとも、そもそもホミン側もずっとチョンジェス側には不干渉、って姿勢でしたけど。

だから、この東方神起625集会が完全なるホミン陥れのためのもの、という解釈だってアリで、逆に、状況的にしかたがなかった、こうなるしかなかった、なんて解釈もアリなんですよ。

これについて、よくチョンジェス擁護は間違っている!なんて声もありますが、少なくともホミン陥れに関してはハッキリとはわからない事が多すぎます。

そもそも、「化粧品事業」や今の事務所である「C-JeSエンターテインメント」に入るため、SMエンターテインメントを抜ける事が目的で、好き勝手やった、という部分は、比較的チョンジェス完全悪説も通ってやむなしって感じですが。

東方神起625集会については、本当に解釈が難しいところ。
書いたように公にもならず、後に無かった事にもされている始末で、不明点が多すぎる。

東方神起625集会について、これがどういうものだったか、平たく言えばホミンバッシングだったのか違ったのか、そこの解釈は、最終的にはあなた自身で考えていただくしかありません。

やはり大事なのは「解釈の仕方」。どうか、きっちりと判断されたい場合は、周りの意見を一度シャットアウトし、冷静に自分の中で考えてみてください。

一つKPから断言できる事があるとすれば、
何だか「陰湿」な印象は受けるな、ってくらいです。

今回は「東方神起『625集会』はこう解釈すべき!?『嫌がらせ』の黒幕は…」でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。



韓流大好きさんに漫画でお知らせ♪

今回、東方神起が大好きな私が実際に見ていてすごいおすすめだったので、漫画でご紹介させていただきました♪良かったら是非下記のリンクから詳細を確認してみてくださいね♪

↓↓↓↓  ↓↓↓↓