東方神起

東方神起デビュー曲やデビュー日を振り返る

The following two tabs change content below.
KP
韓流大好きKPと申します! K-POPペン歴はまだ5年くらいなんですが、カッコいいな~・・♡(//・ω・//)といろいろと調べているうちに、いつの間にか大ペンに! 東方神起を中心にBIGBANG、BTS・・といろんな話題に触れていきたいと考えてます。ぜひお手柔らかによろしくお願いいたします~。韓流好きは皆同志っっ!!!!

今回は「東方神起デビュー曲やデビュー日を振り返る」についてです。

息の短いはずの韓国アイドル界でデビュー以来、今でも変わらず活躍する伝説的アイドルの東方神起。

そんな彼らにも、原点はありました。

東方神起デビュー曲やデビュー日を振り返る

①韓国デビュー

12月26日は、東方神起のペンとしては毎年恒例のお祝いの日です。

韓国では、カシオペアとメンバーで一緒にお祝いする、正式な記念日。

この日が東方神起の誕生日、つまりデビュー日です。

03年の12月26日、この日から東方神起の全ては始まりました。

ついでに言いますと、東方神起の結成が決まったのは03年7月29日で、「東方神起」という名前が決まったのは12月2日だったとされます。

そしてこのデビュー日に披露したデビュー曲が、「HUG(アルバム「TRI-ANGEL」)」となりますね。

曲はSBSの番組内にて初お披露目となりました。(トップ画像)

この時はBoAと「O Holy Night」で共演した事でも知られます。

そして「HUG」が音源として発売したのは、04年の1月15日。CDとしてペンのお手元に初めて東方神起が届けられたのはこの時なのですね。

さて、ここでふと思うのが、日本ではこのように曲がリリースされた時が「デビュー日」という認識もあります。

まあこの辺りは、お国柄とか、それぞれの認識にお任せするものとします。

ここまで東方神起のデビュー日やデビュー曲を見てきましたが、これらは言わずもがな、韓国でのお話。

日本のペンとしては日本でのデビュー日や曲も気になりますよね。

②日本デビュー

日本での動向はやや複雑かもしれません。

東方神起が初めて日本に来たのは、04年11月23日。こちらはファーストシングル曲として「HUG」をCDとしてリリースするために来られまして、「HUG」の発売日は11月25日となります。

この時東方神起は記者会見などもしましたし、この時がデビュー日で、「HUG」がデビュー曲、と言ってもいいでしょう。

しかし、この時は唐突だったのもあって東方神起は日本ではまだまだ無名であり、最初の曲などのお話をするなら、もっと後の方がわかりやすいと思います。

日本での世間の認識上のデビュー曲は「Stay With Me Tonight(セカンドシングル)」と言った方がいいかもしれません。

この曲が05年4月22日、六本木ヒルズアリーナでのミニライブで披露され、これが日本で最初のステージともなっております。

会場は800人規模、今の東方神起からは想像もできない小規模な場所でした。

そして4月27日には「Stay With Me Tonight」がリリース曲となり、これが実質的な最初の曲であり、デビューという認識は今でも根強いです。

邦楽と並んで売り出されたのもこの時からと言っていいですし。

さて、いかがでしょうか。

日本での曲などの認識はやや複雑でしたが、だいたいの東方神起の動向の大枠はご確認できたかと思います。

③日本で最初の伝説的ステージ

先ほど日本で最初の曲披露のステージだったとして、05年4月22日の六本木ヒルズアリーナのミニライブについて少し触れました。

このステージは今でも東方神起の伝説的エピソードとして語り継がれてきております。

この時はまず非常に風が強く、大事な曲を披露する最初のライブをするにうってつけ、とはとても言えない悪天候でした。

場所も800人規模と書きましたが、仕切りがあるようなステージでも何でもなく、通りすがりにチラっと観られるような、そんな場所だったのです。

しかしそれでも、午前7時を過ぎたあたりにはすでに100人ほど並んでいたともされ、時期的にこのタイミングでもすでにけっこうな数のペンが日本に存在していた事がうかがえます。

いくら韓流ブームの時期だったとは言え、ろくな宣伝もしていなかったとも言いますから。

披露された曲はたった3曲。

アカペラの「My Little Princes」来日記念の「HUG( International ver.)」、「Stay with Me Tonight」。



曲披露も含めてステージ時間はわずか20分強ほどだったとされます。

しかも、やはりまだまだ不慣れな東方神起のメンバー、たどたどしい場面もあったとか。

例えば、ユノは歌い間違え、ジェジュンは左と右を間違ってはけて司会者に止められ、ユチョンは「短い間ますけど・・」なんて日本語が言えなかったり。

それでもこの日本でのステージは、東方神起のメンバーにとってかけがえのない思い出となりました。

人も少なかったがみんなが手を振ってくれたり感動してくれたのを見て、勇気づけられたと語られております。

④最後に

確かに東方神起、ここまで活動を広げられたのは日本での成功が大きかった事は否定できません。

それだけみんな日本に対して思う事はあったでしょう。

当初は本当にいろいろと大変な事もあったと思いますが、ここまで活動を続けてくれて本当に嬉しく思います。

メンバーは分裂してはしまいましたが、5人それぞれ一個人として考えて、それぞれ活動を頑張っていって欲しいと願っております。

「東方神起デビュー曲やデビュー日を振り返る」についてでした。

ABOUT ME
KP
韓流大好きKPと申します! K-POPペン歴はまだ5年くらいなんですが、カッコいいな~・・♡(//・ω・//)といろいろと調べているうちに、いつの間にか大ペンに! 東方神起を中心にBIGBANG、BTS・・といろんな話題に触れていきたいと考えてます。ぜひお手柔らかによろしくお願いいたします~。韓流好きは皆同志っっ!!!!