トンペンエッグ編集長
KP
皆様ごめんなさい。現在トンペンエッグはサーバー攻撃にあい、工事中となってます・゚・(´pωq`)・゚・へんな状態ですが今しばらくお待ちください。ご迷惑をおかけしております。
\ Follow me /
ユノ

ユノのエロさの秘密は?~ハニバニ他観察。なぜここまでセクシーなのか?

今回は「ユノのエロさの秘密は?~ハニバニ他観察。なぜここまでセクシーなのか?」です。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

ユノはエロい。

ユノペンならそれは言うまでもありません。

なぜここまで、ユノはエロいのか。
ちょっとその秘密に迫ってみたいと思います。

ユノのエロさの秘密は?

ユノのキーワードは「エロ」?

ユノについてコメントする時、みんなやっぱり何かとエロいって言ってしまう。

そして事実、エロい。

少しKPなりにも、いろんな皆さんの声を頼りに、ユノの「エロさ」の秘密を考察してみたいと思います。

ユノにある「魅せる才能」から感じるエロ

ユノは自分の「魅せ方」が上手い。
本当、そう思ってます。

だからきっと、自分をどうすれば良いのか、熟知してる。
あ、でも、天然なところもあるから、素で「魅せる人間」なのかもしれない。
どっちも、かもしれない。

ユノ名物?の「ドヤ顔」だって、キマりすぎてるから、こうしていっぱいネタになるんですよね。



そして、そんな「魅せる男」ユノが、一番魅せてるものは、「エロさ」かもしれない。

例えばここに、「Honey Funny Bunny」、いわゆる「ハニバニ」があります。

まあハニバニについては、わかりやすいエロい振付があったりするからエロい、というそのまんまなところもあるんですけど・・(笑)、

でも、それにしても、こういう雰囲気とのマッチングぶりも半端ないです。

単にエロいダンス、エロい仕草、エロいポーズをイケメンがしてる・・って以上の「エロ」があるような気がするんですよね・・。

エロはシンプル。だからこそ深い

ここで言う「エロさ」って、単なるエロ本的なエロさ(笑)ではありません。

もちろんユノペン的には、単に「ユノに抱かれたい」ってエロさも感じてるでしょう。(笑)

でも、もっと深い何と言いますか・・「存在感」のようなものとしての、「エロ」がユノにはあるような気がしていて。

こういう、いろんなユノを見てると、何気ない時からすでに、「エロさ」を感じます。

それは外見や動きなど全ての要素を総合的に感じ取った上での判断なのですが、この「存在力」はなかなか出せるものじゃないと思います。

理屈じゃない話かもしれません。

ただ、そう言ってしまうとこのお話も終わってしまいますので(笑)、KP的に、強いて言葉として説明するとしたら、ユノの「エロさ」はユノの「飾らないところ」からにじみ出ているものなんじゃないかと、感じてます。

ありのままのユノの「エロさ」

ユノって、究極的に表裏のない人間だと思ってます。

良い意味でですが、例えばチャンミンだって、秀才がゆえの思慮が常に感じ取れるし、

JYJの3人にしても、分裂騒動の前に3人で事業を展開していたように、やっぱりそういう「裏」の顔って、人間誰しもにあると思います。



もちろん、ユノにだって隠し事とかはありますよね。
前から隠れて電話したりとか、そういう秘密主義的な一面も見せてきました。

でもただ、ユノの「何の企みもない感じ」は、極まってると思ってます。

この「空っぽさ」が、美のレベルにまで昇華されてるっていうか。

女としては、男性の裏表がないところに安心して、信頼を感じて、好きになる・・そんな流れも多いと思いますが、

ユノはそういう欲求を叶える上でも、そういう条件の塊とでも言いますか。

何でしょう、だから私たちはすべてを投げ出し、ユノにその身を捧げる・・という事に、自然になる、っていうか。

そういう天然ものの「男の魅力」たっぷりなのが、ユノなのではと。

何だかいい具合に衣装がはだけていったりとか、そういう「天然エロハプニング」に見舞われやすいというような、物理的な天然エロの才能?も感じたりしますし・・?(汗)

とにかくそんなこんなで、とにかくエロい魅力にあふれたユノ。

今後もそのエロさ、大注目で、その秘密を探っていきたいと思ってます!💛

今回は、「ユノのエロさの秘密は?~ハニバニ他観察。なぜここまでセクシーなのか?」でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

トンペンさんに漫画でお知らせ♪

今回、東方神起が大好きな私が実際に見ていてすごいおすすめだったので、漫画でご紹介させていただきました♪良かったら是非下記のリンクから詳細を確認してみてくださいね♪

↓↓↓↓  ↓↓↓↓