東方神起解散の理由!

The following two tabs change content below.
KP
韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!

[スポンサーリンク]


今回は「東方神起解散の理由!」についてです。

東方神起解散の理由については、韓流関連の話題の中でも非常に大きいものだったので、すでにたくさんの所でそれが検証されております。

ここでは今までの情報を受け、改めて東方神起解散の理由について独自にリサーチしてみました。

表向きの形式的な理由だけではなく、その内面まで見ていこうと思います。

東方神起を解散させたもの①JYJの事業展開

よく東方神起解散の理由を聞きますと、JYJが良くないといった意見がございます。

JYJとは現在ジェジュン、ユチョン、ジュンスの三名の活動名で、そのままこの三名を指します。

東方神起五名揃ってのお仕事は09年末の紅白歌合戦を最後に、10年四月より活動を休止、11年一月よりユノとチャンミンの二人になってカムバックするまで、つまりは一度実質解散する事となった東方神起。

この発端となりました09年、ここでのJYJの動きは確かに東方神起解散の理由として大きな意味がありました。

09年から本格的にJYJの三名が始めたのが、一つの化粧品関係の事業。

そもそもこの事業を始めた理由は現状定かにはなっていない所もございますが、一説にはただならぬ儲けのあったJYJ三名も、その分様々な所にお金も投資しており、より稼ごうと考えたのが理由との見解が。

そうですね、何にしても東方神起解散の際の裁判はJYJ対所属事務所のSMでした。
[スポンサーリンク]


SMの契約内容ではまだまだ稼ぎが足りないために檻を出ようとしたという事なのでしょうか。

しかしながらこのJYJの化粧品事業も簡単には割り切れません。ペンの事を想った事か、何か話に乗ってしまい成り行き上こうなってしまったなどの同情もできます。

しかし、勝手にこのような事業をした事を理由に結果解散までいったという点は否定できず、実際にもしここでJYJが09年からの事業をしていなければ、解散の理由は無かった可能性も高いです。

しかもこの勝手に始めた事業ですが、その宣伝にユノやチャンミンの画像なども使用されており、それは確かに東方神起として事務所に契約している以上は違反ですし、ユノとチャンミンは無関係な事業でもあります。

そのようにダークな印象の多い事業で、東方神起解散の理由として一番に挙げられる事は多いのですね。

東方神起を解散させたもの②事務所の契約問題

東方神起の解散の理由は上記のJYJと事務所SMとの裁判なのは触れましたが、ここで、一概に悪いのは勝手な行動もしたJYJだけではなく、事務所にも落ち度はあったと言われる事もございます。

何でも、JYJは事務所に対して奴隷契約として契約内容があまりに厳しい事などを訴えておりました。

ここでイタチごっことなったので、裁判が泥沼になったのですね。

この裁判は12年の十一月末まで続き、問題のスタートから考えますとかなり長い時間かかったのがわかります。

JYJだけが悪、といったご意見も様々な理由からありますが、事務所にも少なからず問題があった可能性も、この裁判の決着までの長さからうかがえるようにも思えます。

聞くところによりますと、そもそもJYJの三名が事務所を出て自身の事業を展開するようになったのは、この事務所SMのままではお金があまり稼げなかったという理由で、現在の事務所C-JESの方が稼ぎが良かったとの見方もございます。

JYJが不満を抱くべきではなかったのか、事務所SMがお金を出し惜しみしていたのか、この両者にどのような裏があったのか、解散の理由としては謎は多いです。

東方神起を解散させたもの③価値観の相違

さて、形式的に見ますとこの東方神起解散の理由は、JYJと事務所の裁判だったのはお分かりいただけたでしょう。

しかし、個人的には最も問題になった理由はこの点、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの三名と、ユノとチャンミンの意志が離れてしまった点です。

彼らの解散の理由として、不仲や喧嘩とは少し違うのです。

どちらも理にかなった行動は取っていました。だからこそこのようにどちらが悪いのか不明にもなっているのですが、少なくとも5名の絆は価値観の相違により薄れましたね。
[スポンサーリンク]


まずそもそもユノとチャンミンは上記のJYJの事業や、より自由に進んでいこうとする行動に反対でした。

まあ明確に止めてと訴えると言いますよりは無関心な感じでしたが。

しかし、それでもJYJ側も愛情が理由の根底にあったのか、しきりにユノとチャンミンを自分たちの方に誘いはしたのですね。

その新しい事務所へも移ろうと。

しかしユノとチャンミンは現事務所SMで東方神起として活動する事、その上でのペンを守る事が大事だと考えていたので、耳を貸す事はなかったのです。

そのうちユノとチャンミンがJYJを裏切ったなどとも言われバッシングもありましたが、このように彼らは心から離れてしまったのです。

これは複雑ですね。特にユノとチャンミンはカムバックまで沈黙を守っており、JYJは止めても目標があったので次々と活動を展開していきました。

現状それぞれの道があり、どちらも活動している以上は、どちらが完全に良くなかったとは言い切れません。

しかし少なくともこのような価値観の相違からの気持ちのすれ違いはあったのです。

いかがでしょうか。彼らの解散の理由としては、この上記三点が重要な所だと思います。ここが理由の柱となって結果解散に向かっていったのです。

過ぎてしまった事は何とも言えませんが、モヤモヤした感じはいつまでも消えませんね。

「東方神起解散の理由!」についてでした。

[スポンサーリンク]


日本と韓国の韓流文化に対する考えの違い!



こちらの記事で、現在の韓国と、日本における東方神起にたいするイメージをわかりやすくまとめさせていただきましたので是非一度ごらんください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!