東方神起のユノって歌が下手!?

The following two tabs change content below.
KP
韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!




今回は「東方神起のユノって歌が下手!?」についてです。

悲しい事に、東方神起ユノは歌が下手だと言われてしまう事が比較的多いようです。

どんな人にもアンチはいますから、いちいち気にしてもしかたがないのですが・・。

なぜそのように言われてしまうのか気になるので、周りのペンの方のご意見なんかもいただきながら、ここで関連話題を徹底的にリサーチしてみました!

東方神起ユノが歌が下手?だと言われる理由

リサーチ①特徴的な声質だから?

東方神起ユノってあらゆる面でかなり個性が強いと思います。

それは歌の面でも発揮されており、その独特な声質は、東方神起5人時代から皆で歌っても即座にユノだと判別できたほど。

いい意味で浮いているので、注目が集まる分、歌が下手だと話題にされてしまった感は確かにあるかもしれません。

リサーチ②低音パートだから?

東方神起ユノの歌声が際立ったのは、やはりホミン二人になってから。

必然的に東方神起ユノの歌うパートも増えてきます。

もともと東方神起ユノの歌の場面は、低音部分が中心。ラップなどもありましたね。

5人で結成された時点で、各々に違う役割があったのです。

その上で東方神起ユノはメインボーカルではありませんでした。

メインはやはりハイトーンで聴かせられるジュンスやジェジュンや、5人時代にはあまり目立ちませんでしたがチャンミンになっていたように思いますね。

よって、もともと担当部署として歌の面で目立つポジションではなかったのです。



それによって比較的にメインボーカルよりは歌が下手、というレッテルを貼られたような所もあったのかも。

リサーチ③チャンミンとの比較で?

先ほど5人時代にはあまりチャンミンは目立たなかったと書きました。

しかし今となっては、もともとリーダーとして目立っていた東方神起ユノと対等に前に立てるようになりましたね。

それにしてもチャンミンって、もともと素質はありましたが、かなり高音で歌唱力が上がったように思います。

ホミンだけになってからの歌を聴いてもわかりますが、やはりパートの役割としては大別して低音ユノ、高音チャンミンとなっておりますね。

そうなってきますと、やはり必然的に高温で主にメロディーラインや迫力を作るチャンミンの方が目立ってきます。

この突き刺すようなハイトーンボイスのチャンミンの手前では、どうしても歌の面で一歩譲らざるを得ないかもしれません。

実際、チャンミンはXJAPANの歌を平気で歌えるなど、歌関連の話題もたびたび聴いたりしますしね。

リサーチから

①結局、実質的な下手さではない?

思ったのは、ここまでのリサーチから、チャンミンの方が音域が広くて目立つなどの情報はあったものの、そこまで言うほど下手ではないのは言えると思います。

そもそも歌の世界にこれが百点満点というのはないと思いますし。後は人によるのかなと。

東方神起ユノってかつて接着剤事件なんかもありましたけど、極端に愛されているけどその分極端にディスられる事も多い方だと思っています。

その流れでついつい歌の事も言われてしまったのかも。

最も、一つ言いますと、もともとは今ほどは上手くなく、かなり上達したというのは言えますが。

5人時代をベースにしますと、合わせてユチョンもあまり歌が上手くないとは言われる事が多かったです。

それでお二人とも歌についてはかなり悩んだようですね。

レッスンにレッスンを重ね、徐々に実力をつけたのです。



つまりその歌について悪く言われていた時代の名残がまだあるとも見る事ができます。

少なくとも現在の東方神起ユノ、実質的にはそこまで下手ではないように感じます。

②喉の病気の話題とまとめ

他の記事にまとめた事もありますが、東方神起ユノと言いますと喉仏がない事からもわかりますが、昔喉の病気の手術をしております。

そのせいで声が出なくなったり、声が変わったりもしたと言います。

歌手としてはかなり致命的な病気を抱えているのです。

先ほど少し触れましたように、思うように歌が歌えず、かなり苦悩したと言います。

そもそも普通の人よりも声が出にくい状態なのですから、当然です。

初期の日本ツアーでは酷使したために病気が再発する騒ぎもありましたね。。

このように、東方神起ユノは歌について大きな大きなハンデを背負って、それでも頑張ってきました。

このような裏エピソードを知りますと、東方神起ユノの事、歌が下手なんてなかなか言いづらくもなると思います。

そして最後に思うのは、5人時代もホミン時代も、少なくとも東方神起ユノの歌声は彼らの音楽にとって絶対に欠かせなかった、そしてこれからも欠かせないものだという事。

仮にいくら東方神起ユノが下手だと言われても、絶対に彼を欠いてはいい歌にならないでしょう。

ペンだからそう思うのもありますけど、東方神起ユノはこのままで良い、ありのままの歌声を聴かせてほしいと思いました。

「東方神起のユノって歌が下手!?」についてでした。




日本と韓国の韓流文化に対する考えの違い!



こちらの記事で、現在の韓国と、日本における東方神起にたいするイメージをわかりやすくまとめさせていただきましたので是非一度ごらんください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!