東方神起のユノとチャンミンは性格もイケメン!

The following two tabs change content below.
KP
韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!




今回は「東方神起のユノとチャンミンは性格もイケメン!」についてです。

東方神起のユノとチャンミンがずっと人気なのは、外見だけではなく内面の性格もイケメンだからだと思います。

東方神起のユノとチャンミンのイケメンな性格について、ペン友達監修でその概要を書き出してみたいと思います。

東方神起ユノのイケメンな性格

性格①ひたむきで献身的

かなり有名なお話ですが、東方神起ユノは中学生にして、親にも内緒で妹(ジヘ)の学費を稼ぐために働いておりました。

後になってから親の方から「なぜ言ってくれなかったのか」となったのですが、この中学生にして誰にも迷惑をかけずに自分の力だけで何とかしようという強い意思と行動力、そして強い思いやりはそうそうあるものではありません。

こんな東方神起ユノの性格の土台は、その家庭環境にもあったかもしれません。

東方神起ユノの一家は法律関係のお仕事をされているお父様の一家で、昔から堅実そのものでした。

お金についても、自分ではなく「誰かのため」に使うべきといった教えがあったとか。

確かに東方神起ユノ、稼いだお金を寄付したり、自らも身体を張ってボランティア活動をしたり。

超過密スケジュールで必死に稼いだお金ながら、それを自分のために使わないのはただ事ではないと思います。

性格②真理を見抜いている

東方神起史上最も大きな大事件と言えば、後にも先にも「ホミンとJYJの分裂騒動」を置いて他にないでしょう。

この時の東方神起ユノの態度からも、彼の性格を知る事ができます。

JYJはSM(事務所)と決別し、ホミンにもこっち側に来て欲しいと懇願しました。しかし東方神起ユノは動かず。

当時の事を振り返りますと、東方神起ユノはできるだけ目立たないように静かにしていたようにも思います。

この事から「事務所の利権にしがみついている」などの勝手なレッテルも貼られ、悪者にもされました。

しかし決してJYJ側になびく事はありませんでした。

この理由は、後に深く深く思い知らされる事になります。

ユノは、「東方神起」を守るために、「東方神起のペンや関係者」を守るために、こうしていたのです。



結局当時はメディアなども比較的「JYJの方が被害者でかわいそう」となっていた節もあったのですが、今となっては基本論調がホミン派になりました。

彼はまるで後にこうなる事がわかっていたかのようです。

性格③可愛い天然ぶり

東方神起ユノはどんな性格かと聞かれますと、「天然な性格」と答えるのが一番しっくり来るかもしれません。

幼少の頃から怪我が多くて「病院VIP」と呼ばれてしまったり、司会者が促しているのにも気づかずその場に居続けてしまったり、電話しながら勝手に落ちてしまったりと・・数え上げればキリのない天然性格エピソード。

ここは常に「しっかり者の奥さん」的立ち位置のチャンミンがいないと心配になってしまうほどです。

とは言え、カリスマなのに天然な性格というこのギャップこそが東方神起ユノの最大の魅力にもなっているわけですね。

スターなのに威圧感が全くない感じ。

ご自身も有名人らしくなりたくないと考えているようです。本当に不思議で魅力的な性格ですね。

東方神起チャンミンのイケメンな性格

性格①「最強」の名をほしいままに

東方神起チャンミンはその芸名を「チェガン・チャンミン」と言いますが、このチェガンは漢字で書きますと「最強」。

よって良く東方神起チャンミンは最強だと言われる事になりますが、まさしくと言った所で、ここまで名前と実態が一致しているのも珍しいように思います。

チャンミンのどの辺りが最強かと言いますと、ひと言で言えば何でもバッサリ言ったり行動で示す所でしょうか。

例えば有名なチャンミンのエピソードですと、ペンに向かって「彼氏を作りなさい」と言ったり、インタビューでも平気で数か月前まで付き合っていたと明かしたり・・大切なユノの発言であってもバッサリですね、自分の方がカッコいいと言いますし。(笑)

この点、ユノの性格からするとあり得ない事ですよね。(笑)

とは言え、こんな超毒舌な所こそが東方神起チャンミンの性格アイデンティティーであり、こうでなければチャンミンではないという説得力すら感じられます。

性格②気配りができて優しい

ここまでの情報から、チャンミンは「最強」の名の元に傍若無人な性格なのかと思えば、それは全く違います。

チャンミンの根底には、ユノにも負けず劣らずの優しい性格が眠っているのです。

特にチャンミンの場合はわかりやすく、5人時代とホミン時代での立ち位置の変遷からも性格が見えます。

まず5人時代ですが、何と現在ナンバーワンとも言えます人気投票では最下位になるのもザラでした。

これはなぜか?単純に目立たなかったからです。

ユノは当初からリーダーとして良くマイクを握り、目立ってきました。しかしチャンミンは違います。

チャンミンはマンネとして四人もの個性的な兄を立てるかのごとく、まるで見方によってはスタッフのような時もあったほどに裏方でもあったのです。



メディアなんかも、あまりチャンミンの発言などは長く取り入れなかったり。

そんな時代からのチャンミンを知っていると、いかにチャンミンが気配りができる子かというのがわかります。

「病院VIP」ユノが怪我をした(しそうになった)時のあのマジな目や誰よりも先にサポートしようとする態度なども素晴らしいものがあります。

性格③隠れた本音に見える親しみ

ユノもですがチャンミンはそれ以上に、性格上あまり本心を明かさない所があるかもしれません。

しかしながら、チャンミンは書きましたように実は兄たちを気遣う気持ち「MAX」だったりして、すごく庶民的な角度から優しい目で世の中を見ている気がしてなりません。

そう言えば「ギュライン」の活動(ゲームをして遊ぶなど)やおもちゃ好きな所なんかもあったり、もともと実の家族では二人の妹の優しく面倒見の良い兄です。

そうなりますと、「最強」風も、照れ隠しのようなものなのかも。

ペンの間でもそんな「ツンデレ」な所や、K-POPの頂点にいながらユノと同じく庶民的な所は非常に高く評価されてます。

とにかくその親しみやすさに好感を抱けるんですよね。

ユノとチャンミンはお似合いだと多くの方が言いますが、表面上の性格はけっこう違うのに親しいのは、こういう所が似ているからかも。

ユノは「大事な事はチャンミンに言う」と語ったり、派閥を作るペンを嫌い「東方神起」としての一体感を大事にしておりますが、ずっとユノについてきたチャンミンも同じくらい「東方神起」を愛しているんですよね。

「東方神起のユノとチャンミンは性格もイケメン!」についてでした。




日本と韓国の韓流文化に対する考えの違い!



こちらの記事で、現在の韓国と、日本における東方神起にたいするイメージをわかりやすくまとめさせていただきましたので是非一度ごらんください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!