ユノヒョンやチャンミナの意味は?チャンミンらの呼び方の考察

The following two tabs change content below.
KP
韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!




今回は「ユノヒョンやチャンミナの意味は?チャンミンらの呼び方の考察」についてです。

チャンミンらホミンは「ユノヒョン」や「チャンミナ」など様々な呼び方があるように思います。

ここではチャンミンらの呼び方や意味についての、いくつかの疑問に迫ってみたいと思います。

チャンミンらの呼び方の考察

「ユノヒョン」の呼び方や意味

チャンミンも「ユノヒョン」と呼びますが、この「ヒョン」とはどんな意味でしょうか。

「ユノヒョン」は訳して「ユノ兄さん」といった意味になります。

ユノヒョンの「ヒョン」の意味の使い方は、実の弟から兄への呼び方でもあるのは想像通りですが、単に目上の男性へ向かって親しみを込めた呼び方にも使います。

ただし、女性のペンが多い以上重要な注意点なのですが、「ユノヒョン」と呼べるのは男性からのみとなり、

女性からの同じ意味での呼び方としては、「ユノオッパ」となります。

実際に、このユノヒョンの「ヒョン」と「オッパ」を理解されている方は、ユノを「ユノオッパ」と呼ばれているのが確認できると思います。

ペンの間のネタとして「ユノヒョン」と呼ぶくらいであればいいですが、意味としての文法は間違っているので実際に韓国の方を呼ぶ際、ユノ自身を呼ぶ際などには注意しましょう。

ちなみに女性を呼ぶ際の文法はどうでしょうか。

こちらは「ヒョン」「オッパ」と同様に、男性から女性に対しては「ヌナ」、女性から女性に対しては「オンニ」をつけた呼び方で意味を成します。


チャンミナの呼び方や意味

ここまで「ユノヒョン」はきちんと韓国語の文法にのっとった呼び方の意味でした。

続いてチャンミンの「チャンミナ」の意味はどうでしょうか。

こちらも韓国語独特の意味を持った表現で、親しみを込めた呼び方のルールとして、名前の呼び方に「ア」「ヤ」をつけます。

「アをつけるか「ヤ」をつけるかは、名前をローマ字表記にして、最後が母音で終わる場合は「ヤ」、子音で終わる場合は「ア」をつける事になります。

そこで、チャンミンがなぜ「チャンミナ」になるかと言えば、ローマ字表記にした際に「n」という子音で終わるために「ア」をつける事になって、結果チャンミンが「チャンミナ」になるという事になるのですね。

この「チャンミナ」から派生してチャンミンは「チャミナ」、他にも「チャミ」といった「チャンミナ」以外の親しみを込めた呼び方もチャンミンのペンの間ではよくされますね。

ちなみにチャンミナ同様の文法で仮にチャンミンからユノを呼ぶ際には「ユノヤ」になります。

ユノヒョンからチャンミナへ

ではここで一応、あまり聞きませんが、「ユノヒョン」から「チャンミナ」への呼び方をする際の事を想像して、「弟」の呼び方について少しだけ。

チャンミナのような弟の事は「ナムドンセン」、そして妹の事は「ヨドンセン」という呼び方があります。

ユノヒョンなどと同様、実の弟や妹でももちろん、さらに親しみを込めて年下を呼ぶ際にも使用できます。

意味はありますが単に呼び方としてみればそこまで聞くことはないでしょう。

ただ意味として「弟よ!」というような事もできるという事で、そういったチャンミンらのシーンなどを想像してみるのも面白いかもしれません。

韓国ではみんなが家族?

海外の方にとって日本語が難しい理由の一つに、一つの字に様々な呼び方や意味があったりする事などがありますが、

このように血の繋がっていない他者でも家族同様にする呼び方はありませんよね。

「ユノヒョン」「チャンミナ」については韓国の方の割にはスキンシップが少ないかもしれませんが(笑)、確かにチャンミナら韓国の方って、同族意識というか、非常に民族としての絆が強いように感じます。

反対に日本は、それがいたわりの精神だとしても、あまりに他人行儀な文化とも思えます。



ユノが兄としてチャンミンに「ユノヒョン」と呼ばれたり、チャンミンが可愛がられて「チャンミナ」と呼ばれたり、それはどういった気持ちになるのでしょうか。

もし我々も同じように他者に「ユノヒョン」「チャンミナ」などと、名前を親しげにくずした呼び方をされる文化だったらと想像してみますと、まるで世界が変わって見えて面白いです。

まあ「ユノヒョン」と「チャンミナ」については、上辺のスキンシップは少なかったにせよ、そのチャンミンらの深い絆は、ペンとしてはありありと見てきました。

このような「ユノヒョン」「チャンミナ」といった文法としての愛称があるからこそ、チャンミンら二人もあそこまでの絆を得られ、国としても強い団結力を得られたのかもしれませんよね。

そこは日本人も見習うべき部分もあるかもしれません。

もちろんチャンミンらのトンペンの絆も負けておりませんが。

ちなみにファンを「ペン」と言う意味は、そもそも韓国語に「F」の音はなく、そこを無理やり「パ」行で補ってこのような呼び方になります。

もっとも、「F」の音は日本語にもなく、何とか「ファフィフゥフェフォ」を発音しているのですが。

そんな共通点もあったりするというわけです。言語って難しいですね。

「ユノヒョンやチャンミナの意味は?チャンミンらの呼び方の考察」についてでした。




日本と韓国の韓流文化に対する考えの違い!



こちらの記事で、現在の韓国と、日本における東方神起にたいするイメージをわかりやすくまとめさせていただきましたので是非一度ごらんください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

韓流大好きKPと申します。東方神起、BIGBANG、EXO・・名だたるK-POPスターたちについて、主にペン同士の会話なんかで出てきた話題をもとに様々な情報や考察を共有させていただきたく、書かせていただいております!話題は基本ペンのリアルなお話をもとにしてますので、お読みいただく際もフラットなお気持ちでお読みいただけると幸いでございます!